FC2ブログ
新着記事一覧

富士山の噴火の可能性

ニュース記事より
富士山 「3年以内に噴火が起きる可能性かなり高い」と専門家

 5月10日、文部科学省が、富士山直下にこれまで知られていなかった活断層が延びている可能性があるとする報告書をまとめた。マグニチュード7級、震度6もの地震を引き起こす可能性があるとしているが、地震の発生よりも富士山の噴火の危険性を訴えるのが、長年、富士火山帯の研究に取り組んでいる琉球大学の木村政昭名誉教授だ。

「活断層は見つかりましたが、地震がいつ発生するのかはまだわかっていません。それよりも懸念すべきは、富士山の噴火です」

 木村名誉教授が着目するのは、富士山の噴火口の北東から南西にかけて発生する「水噴火」という噴火の前兆現象。

「水噴火は溶岩が噴き出すかわりに、水やお湯が噴き出す現象です。噴火は地下にあるマグマがプレート活動によって押し上げられ、割れた地表で発生する。水噴火はマグマではなく地下水なんですが、火山の状況としては、噴火とあまり変わりのない状態にあるんです。富士宮市周辺では2年以上にわたって数か月おきに水が湧いていますし、北部の富士五湖も水位が突然高くなっています」

 木村名誉教授によると、富士山噴火の予兆は河口湖にも起きていた。それは河口湖の湖底から立ち上る天然ガスだった。

「マグマから直接噴出している火山性のガスではないので、噴火の前兆現象と捉えない人もいますが、1年ほど前から極端に増えています。また、富士山の東斜面にある自衛隊の演習地に数か所大きな穴が空き、そこから摂氏40、50度の噴気が出ています。水噴火も含め、これらが同時期に起こるのは噴火の予兆以外に考えにくいでしょう。これらの状況を考えると、向こう3年以内に噴火が起きてしまう可能性はかなり高いと思われます」

 内閣府の富士山ハザードマップ検討委員会の想定によると、富士山の噴火により、約100kmほど離れた東京でも、2~10cmほどの火山灰が降り積もるという。最悪のシナリオとして、溶岩や火山灰などによって通行不能になる道路は1万4600km、運行不能になる飛行機は1日あたり515便、漏電による停電は108万世帯にも及ぶと見られ、その被害総額は2兆5000億円にものぼるという。




噴火しておこる火山性地震、地震によって引き起こされる噴火、片方が動けばもう片方も動くということもあります
噴火にせよ地震にせよどちらがきても被害は甚大なものになりうるので対策などはしっかりしないとだめですね

周辺の地域などでも二次被害に注意し、マスクなどわかりやすい所に置いておくのもいいかもしれません!
スポンサーサイト



富士山の下に活断層?

富士山の下に活断層がある可能性が比較的に高いと昨年からの調査でわかったそうです


富士山付近では火山灰などに覆われており、なかなか地表のずれを発見できずにいたそうです
ですが今回の調査では地中から反射される振動をキャッチしてそれを元に分析するというとても大変な作業をおこなったらしいです
調査範囲は山梨県富士吉田市~神奈川県箱根町まで約140kmで今回山頂から約20km東に位置する静岡県御殿場市付近に上下幅約1kmのずれを発見したそうです
その活断層は1回の地震でできる大きさではなく、そこで何度も繰り返し起きている可能性の高い活断層ではないかと判断されたそうです

この活断層のずれは地表近くまで達しており、この程度のずれを起こすにはM7クラスのとても強い揺れが必要だそうです
しかしこの活断層は最近までの活動例や地震の周期的なことはまだ何もわかっていない状態なので注意が必要です

参考までにM7規模の日本で起きた地震
・関東大震災(M7.9)
・阪神淡路大震災(M7.3)
・北海道南西沖地震(M7.8)
 などがあります

なおこの活断層によって引き起こされた地震で三体崩壊を引き起こす可能性があるそうです

三体崩壊とは火山活動や地震活動によって山の一部が大規模な崩壊を起こすことです

まだ調査は続いているので今後の調査で色々とわかってくると思います
また新たな情報が入りましたら追記や記事などでお知らせするとともに全国の活断層にも追加していきたいと思っています

地震からも山からも目がはなせないので周辺にお住まいの方はくれぐれも注意してください

防災用品を分ける

地震の備え 木造住宅は非常持出品、マンションは備蓄品が重要

 阪神・淡路大震災が起きた1995年1月。当時の神戸の人たちの多くが、地震について特別な対策をしていなかったという。自身もそんなひとりだった『震度7が残した108の教訓』著者の荒尾和彦氏は、東日本大震災の被災地を訪れた。阪神・淡路を含め、その後の大地震の教訓からか、多くの人が地震に対し何らかの備えを行っていた。

 そして、いざ大地震を経験して初めてわかった本当に必要だったものと足りなかったもの。現地の声を聞き、荒尾氏は改めて、いますぐ準備すべき「非常持出品」と「備蓄品」を挙げてくれた。


 近く発生の危機が叫ばれている首都直下型地震の被害想定が改められた。震度6強から7へと変わったことで、死者はおよそ9700人、負傷者は14万7600人にものぼるという。それだけではない。大津波を太平洋側に発生させる南海トラフ地震の危険も指摘されている。私たちを再び、揺れが、津波が、襲うのだ。

 何万人もの犠牲に報いるために、私はもう一度、大地震の備えについて考えた。被災後の生活を左右するのは被災直後に持ち出す「非常持出品」と、家庭に備えておく「備蓄品」だ。

 簡潔にいえば、「非常持出品=被災直後に必要なもの」、「備蓄品=ライフラインが復旧するまでに必要となるもの」となる。

 しかし、あなたが生活する環境によっても、両者の備えは大きく変わってくる。ポイントは「被災後も自宅が使えるかどうか」だ。これは東日本大震災のケースを考えるとわかりやすい。東北の人は意外にも、大地震に備え、多くの人が自宅に飲料水や食料などを「備蓄品」として備えていた。しかし、それらは虚しくも津波によって流されてしまった。

 つまり、津波の危険性が高い沿岸部に暮らす人は「備蓄品」よりも「非常持出品」に重きを置かなければならない。長期の避難所生活を送ることを考え、食料や水も多めに用意しておくべきだろう。また東京都の防災会議で、首都直下型地震では木造住宅の密集地を中心に19万棟近くの家屋が焼失すると想定している。火災の心配があるなら、備蓄品より非常持出品を重視する。

 反対に、耐震性の高い鉄筋コンクリート造のマンションなどに暮らす人の場合は、「備蓄品」を充実させよう。避難所での物資の配給は、住む場所を失った避難所の人々に優先的に分配されてしまう。

 下の表で自分がどちらを重視する必要があるのか、チェックしよう。

【一戸建て】
沿岸部→非常持出品:◎ 備蓄品:△
内陸部→常持出品:◎ 備蓄品:◎

【マンション】
沿岸部・高層階→非常持出品:○ 備蓄品:◎
沿岸部・低層階→常持出品:◎ 備蓄品:△

内陸部・高層階→非常持出品:△ 備蓄品:◎
内陸部・低層階→非常持出品:△ 備蓄品:○

(◎=最重要、○=重要、△=最低限でも可)

 震災後、自宅が使えるかどうかがポイント。火災や津波の危険が高い場所は非常持出品を重視しよう。△と書かれていても最低限の用意は必要。






このニュースを見て改めて防災用品の見直しが必要だと感じました
少し自分の家を例にして考えたいと思います

①自分の家は一戸建ての二階建てです。近くに大きな川があり液状化しやすい地域に住んでいて、浸水の可能性もあります
この場合液状化での水難等、家への浸水などで 非常持出品:◎ 備蓄:△ となるでしょう

②また、家は木造ではなく鉄筋主体の古い家なので大きな揺れで崩れる可能性が高いです
この場合倒壊の可能性が高いので 非常持出品:◎ 備蓄△ となるでしょう

③近隣の家は木造が多いため火災が発生すると家の周りは火の海になる可能性もあります
この場合火の手から逃れるためにすぐに家を出ないといけないので 非常持品:◎ 備蓄△ となるでしょう

この結果から我が家には備蓄よりも非常持品を重点的に強化した方がいいようです

このように自分の家や周りがどのような状況におかれているかを把握することでどちらを優先的にするかが見えてきます
普段備蓄にばかりこだわっていたのですが考えを改め非常持出品を強化していこうと思います!!

皆さんも一度この記事を見てどこを重点的にしたほうが良いか考えてみてはどうでしょうか?

地震比較 4月の地震

4月におきた地震(M4以上・震度3以上)、震源地の多い場所をまとめました


3月分との比較
 M4以上震度3以上
3月89回30回
4月91回28回

4月は3月に比べてM4以上が上がり、震度3以上の地震が少なくなっています
今年に入ってから震度3以上の地震は右肩下がりで順調に減っています
余震が若干おさまってきてるのでしょうか?
このまま例年通り(この数値の半分またはそれ以下)のようになってくれるといいのですが・・・
ただ、震度4や震度5の地震が最近また少し増えてきていて、今月以降急に増える可能性もあるのでまだまだ予断はゆるせないでしょう


続いては4月の震源地の多い場所です
※この表はM4以上の地震が起こった所の震源地の回数です

4月
震源地回数
福島県沖32回
岩手県沖13回
宮城県沖11回
茨城県沖11回
千葉県東方沖3回
青森県東方沖3回
三陸沖2回
その他16箇所1回



3月
震源地回数
宮城県沖16回
福島県沖15回
岩手県沖11回
三陸沖11回
千葉県東方沖10回
茨城県沖7回
沖縄本島近海3回
埼玉県南部2回
茨城県北部2回
青森県東方沖2回
その他10箇所1回

比較しやすいように 3月分をもってきました
福島県沖を震源とする地震が大幅に高くなっています
震度3以上の地震が減っているので福島県では余震活動は多くなっているが比較的小さな揺れが続いているのではないでしょうか?
ただ余震活動が活発ということはそれに伴い大きな地震も起きやすいということです
ここまで福島県沖での震源が増えているとは思ってなかったのでとても心配です
防災用品の確認や家族での避難経路や非難場所の確認をしておくといいと思います

また、それとは逆に最近多かった千葉県東方沖と三陸沖を震源とする地震が減っています
と言っても先月が高かっただけですのでひとまず安心だとおもいます


過去の表が見たい方はこちらからどうぞ


TOPへ

植物の地震予知

今回は植物の地震予知について書いていこうと思います

昨年、東日本大震災の1ヶ月ほど前からキンモクセイの異常があり、新潟中越地震の前後でも紅葉の異常などメディア関係であつかていました
他にも地震が起きる直前、葉に染みのようなものができたり、葉や茎が震源地と逆向きに倒れるといったことを体験されている方もいらっしゃいました
また、自分の知り合いの方は阪神淡路大震災前後で自分の育てていた作物の味が違ったと言っていました

                   ネムノキ ←ネムノキです

このような植物と地震の関係を研究しているところもあり、現在でも調査や研究が進められています
その研究ではネムノキという木から生体電位(細胞の活性化によって常に電流を流そうとする力)をみると地震前に異常な数値になることがあきらかになっているらしく、とくに活断層上での異常な数値の観測ができるため今後活断層上での地震予知につながるのではないでしょうか

オジギソウ
そしてこのネムノキ亜科にオジギソウ(お辞儀草)という植物がいまして別名地震予知草とよばれる植物があります
葉の形状が独特で(上の画像をクリックして大きくしてご覧ください)本州から九州どこでもみられます
このオジギソウ色んな特徴を持ってるんです!
まず夜になると就眠運動といい葉を閉じてしまいます、昼間でも葉に触るとすぐに葉を閉じてしまうんです

ではなぜ地震予知草と言われているのかというと、地震発生前に夜でもないのに、ましてや触れてもいないのに葉を閉じてしまう異常行動をとるらしいのです
ある地方ではオジギソウが葉を閉じたら地震がくると昔から言い伝えであったといいます

そんなオジギソウを育てたくなったのは自分だけでしょうか?(笑)
地震を予知してくれるならとても助かりますしね

                       
ごあいさつ栽培3個セット さらに詳しく         “繊細”な花…ミモザ 「おじぎそう」ふしぎ缶 さらに詳しく
 
種や土などセットで買われてみてはどうでしょう?
自分は植物を育てた経験がほとんど皆無なのでこちらのセットで育てたいと思います!
種をまく時期は5月~7月なのでちょうどいいかもです
今から撒くと夏には綺麗な花とともに地震を予知してくれると信じています

     
   【種子】おじぎ草 さらに詳しく
プランターや鉢、肥料や土がある方、また道具をそろえる手間を惜しまない方などは種だけもあります

次のページへ>>

役立つ情報
カテゴリ
動物の地震予知
twitter
ブログランキング参加中

ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
検索フォーム
防災グッズ
RSS
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QR